tabi.blog

【ブログ】ANA ファーストクラス – 羽田 to シカゴ


ANAのマイルの有効期限が近かったことと、奇跡的にGWシーズンに特典航空券で空きがあったので、ANAのファーストクラスを特典利用しました。

今回は、図らずも成田ではなく羽田から、ANA ファーストクラスへの搭乗となりました。

羽田から乗るものの、BOEING 777-300ER(77W)と、以前に乗ったことがある機材と変わりありません。

優先搭乗で一番にゲートを通りブリッジに向かいます。

ブリッジはファーストクラスと、それ以外で分けられており、ファーストクラス以外のお客さんがファーストクラスのエリアを通過することはありません。

ANAファーストクラスのブリッジの案内。

搭乗したら、ファーストクラス専用の部屋着に着替えます。

このANAファーストクラスの部屋着は、もらって帰ることも可能です。

着替え終わったら、他のお客さんが搭乗し終えるまでシャンパンを飲みながら待ちます。

これから始まる旅への期待が最高潮の時間です。

ANAファーストクラスで、他のお客さんが搭乗し終えるまで飲みながら待てるよう提供されるシャンパン。

ANAファーストクラスは安定の広さです。今回のアメニティセットはサムソナイトコラボです。その左は、ファーストクラス専用のSONYノイズキャンセリングヘッドフォンです。(右の方は自前のBOSE QC35です。)

離陸すると、アミューズが出てきます。

飲み物は、ANAファーストクラス定番のKRUGを頼みます。

ANAファーストクラスのアミューズとKRUG。

ファーストクラスは食事のタイミングも自由なのですが、さっさと食事にしてしまいます。

和食と洋食を選択できるのですが、今回も和食を選択します。

これは、食後に赤ワインとキャビアを愉しむためです。

洋食にすると、食事にキャビアが使われるため、後でキャビアだけを愉しむことができないのです(笑)

ANAファーストクラスの前菜。奥は蒸し雲丹と湯葉豆腐、手前は若鮎です。

ANAファーストクラスのお椀。あいなめと蓮真丈です。

ANAファーストクラスのお造り。カツオのたたきです。

ANAファーストクラスの和食、煮物、小鉢、メインです。若竹煮、蛍烏賊、甘鯛唐墨焼です。

この後、本来であれば、ご飯とデザートも出るのですが、ゆっくり飲みながら映画をみたいのでパスです。

予定通り、ANAファーストクラスの目玉だと信じて疑わない、赤ワインとキャビアをCAさんにお願いします。

ANAファーストクラスのキャビア。

もう、至福のひとときです、うつらうつらとしてくると、CAさんがシートをターンダウンしてくれます。

ファーストクラスは、マットレスを敷いてくれます。

ANAファーストクラス、ターンダウン後のシート。

同じ飛行機でも、エコノミーとはもはや別の乗り物で、横になってグッスリ寝ます。

機内が少し明るくなると、ふと目が覚め、和朝食をお願いします。

ANAファーストクラスの和朝食。

のんびり朝食を食べていると、もう1時間ちょっとで到着です。

シートを片付けてもらいます。

ANAファーストクラスのシートを片付けてもらってスッキリ。

最後にコーヒーでも飲みながら過ごそうと思ったのですが、揺れが始まり断念です。

今回もあっという間にANAファーストクラスでシカゴまで到着してしまいました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください