tabi.blog

【ブログ】大磯プリンスホテル プレミアムマウンテンビューツイン


大磯プリンスホテルのプレミアムマウンテンビューツインへ宿泊してきました。

本館を7億円掛けて大改装し、2017年7月15日にオープンしたばかりということで、期待値高めで行ってきました。

チェックインは本館ではなく、2号棟、3号棟を取り壊して建てられたSPA棟の1階で行います。

大磯プリンスホテルのレセプション。SPA棟1階となります。

大磯プリンスホテルのレセプションの横にはレストランもオープンしています。

ハンバーガーを始めに、グリル料理が中心のようです。

大磯プリンスホテル SPA棟にあるレストランS.DINING。

大磯プリンスホテルのS.DININGの前に広がる緑。天気や季候が良ければテラスも気持ちよさそうです。

チェックインを済ませて、お部屋へ向かいます。

大磯プリンスホテル プレミアムマウンテンビューツインは最上階の10階に位置しています。

大磯プリンスホテル プレミアムマウンテンビューツインが位置する10階のエレベーターホール。シックにまとめられています。

大磯プリンスホテル プレミアムマウンテンビューツインのお部屋の入り口。ICカードロックになってます。

大磯プリンスホテル プレミアムマウンテンビューツインのお部屋の中ですが、全面改装されていて、本当にきれいです。

水回りも真っ新になっていて、小手先のリノベーションとは違います。

調度品や照明器具も重厚すぎずカジュアルすぎず、いいバランスの重厚感があり、自分のセンスにあった感じです。

ただ、もうこれは構造上の問題だと思われますが、建物自体は相当古いため、部屋の広さは十分とはいえず、最近のホテルのトレンドから比較すると、やや狭いと感じてしまいます。

とはいえ、狭さを感じさせない工夫は随所にあり、うまく仕上げたなぁ、とも思います。

大磯プリンスホテル プレミアムマウンテンビューツインをエントランスから1枚。

大磯プリンスホテル プレミアムマウンテンビューツインの逆サイドから1枚。

大磯プリンスホテル プレミアムマウンテンビューツインの水回り。広さはありませんが、真っ新で清潔感抜群です。

最近の改装ということもあり、設備も気が利いていて、ネスプレッソが設置されてあったり、充電用のUSBコネクタがベッドサイドにあったりと、便利快適に過ごせるようになっています。

大磯プリンスホテル プレミアムマウンテンビューツインには、液晶テレビ、空気清浄機、ネスプレッソ、T-falの湯沸かしが設置されています。もちろん冷蔵庫もあります。

大磯プリンスホテル プレミアムマウンテンビューツインのベッドサイドには、電源、USBコネクタがあり、寝ている間に手元にスマホを置いておきながら充電できます。

大磯プリンスホテル プレミアムマウンテンビューツインは、広さが少し足りない印象でしたが、その他は、センスのいいインテリアと機能的な設備で、大変快適でした。

なにより、宿泊者は大磯プリンスホテル THERMAL SPA S.WAVEを利用できるので、そちらでゆったりマッタリできます。

箱根などに比べるとコスパはいいですので、機会があればまた来たいと思います。

ワーク・ライフ・バランスの真意を探す日々を送るアラフォー。
今そこにある危機を乗り越える日常の隙間に非日常を求めて温泉を巡っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください