tabi.blog

神社仏閣と御朱印:その五十四(臨済宗 建長寺派:鳳儀山 栖足寺)


今回は前回の修禅寺に続いて訪問したお寺をご紹介して行きます。
修善寺から赤沢迎賓館のある伊東へ抜ける途中、河津にあるお寺です。

事前に調べててなかなかインパクトのあるお寺だなと思い、立ち寄ることにしましたw
参拝したのは河津の「栖足寺」です。
ネットで調べてると「河童の寺」という事でこれは行くしかなかったw

そんな栖足寺の地図はこちら!

ひと気の少ない場所に佇むお寺です。
参拝者も私達の前にはご夫婦が1組、帰りにすれ違ったらカップル1組という
のんびり具合ですw

ひっそりと佇む栖足寺。

河童の銅像。見た事ないけどリアルな感じw

河童の寺と言われるようになった由来も書かれていました。

石碑にもしっかり「河童の寺」と書かれてますねw


山門などもなく、こじんまりとした売店と本堂のみ、という感じでした。
そして、なんと住職がこの日は居なかった為、書き置きの御朱印しかない、という
悲しい事実が発覚・・・なかなか来ることができない場所なので残念ですが、
こういうこともありますよねw

御朱印の種類も豊富です。

本堂はそこまで手が入ってない印象。

可愛い河童の置物がお出迎え。

これはなんと書いてるのかw


外に売店もあったのですが、本堂内にも色々と置いてありました。
写真はないですが、河童グッズがたくさん置いてあるギャラリーもあり、
河童好きにはたまらない!かもw

大量の書き置き御朱印が・・・
これを全部手に入れようとするとかなりの出費w


参拝時間はサクッと20分ほどでした。
最後は表の売店で書き置きの御朱印を2つ購入して参拝終了。
住職がいらっしゃれば何かお話ができたかもしれませんが、
まぁ、もし来ることがあればその時にでもw

では栖足寺で頂いた書き置き御朱印をご紹介!

栖足寺の書き置き御朱印・その①

栖足寺の書き置き御朱印・その②


その①は紅葉シーズン限定で葉の形がイチョウでした。その②は河童の御朱印。
河童がモンスターみたいでちょっとリアルな感じが出てるw

調べてみると面白いお寺が見つかるかもしれませんねw
ではまた次回の記事をお楽しみに!

より良いチームマネジメントを目指し、日々奮闘中の
アラフォー温泉ソムリエ。
肉(熟成肉&赤身)と温泉の極地を目指し愛車GOLFで爆走中。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください